茶屋花冠とは、千葉県佐原の伝統建築物保存地区の中心地で営んでおります。

当店の宇治金時は、江戸時代後期の御禁裏(宮中)で流行した当時の宇治金時を再現したもの。宇治茶「三星園上林三入本店」と共に古文献より再現したもので、知的好奇心を掻き立てる本物の宇治金時かと自負しております。上林家は御禁裏御用茶師や德川将軍家御用茶師として最高位に君臨した御用茶師でして、その調製致します抹茶「初むかし」を超える抹茶は無二のものと存じます。花冠の宇治金時は、まず削り御氷にキビ砂糖をふり、最高級抹茶の初むかしをふんだんに振りかけ、さらに香り高い漉し餡をよそったものです。大正時代に考案されたハイカラな「抹茶シロップ」のものや甘ったるい「抹茶ミルク」なんやらとは異なり、抹茶に自信がなければ御出しできない究極のかき氷かと存じます。

− 知的好奇心を掻き立てる「宇治金時」の浪漫 −

宇治金時:秘められた「氷室」の御氷

御所と御氷の歴史ヒストリア。清少納言から始まったカキ氷の歩み。

宇治金時:上林三入製「初むかし」の美味さ

宇治茶白もの好みを味わう。上林最高峰の「初むかし」の歩み。

宇治金時:三度炊きの「漉餡」の魅力

ハレの小豆はコシ餡。ケの小豆は粒餡。三度炊の濃厚な味わいを知る。